行政書士たかはま事務所

お気軽にご相談ください!
メールでのご相談はこちら

トレーラ・トラクタ基準緩和認定申請

道路法に基づく車両の制限値を超えた数値による自動車の登録を行うには、基準緩和認定申請が必要となります。

基準緩和認定を受けて登録を行った車両を緩和車両と言います。緩和車両は、新車の際は、ディーラーなどが手続きを行い、新車の登録を行うことになりますが、中古車として、売買される場合や、トレーラやトラクタを繋ぎ変える場合は、名義変更などの登録を行うために、改めて、基準緩和認定申請を行い、認定を受ける必要があります。

基準緩和認定申請には連結検討書など、複雑で専門的な計算を伴う資料が必要であり、個人レベルでは、申請が非常に難しいのが実情です。

自動車検査証と、認定書と、図面があれば連結検討書などの申請書類が作成できると安易に考えておられる方が多いのですが、それだけでは、申請書類は作成できません。それらの資料だけですと、基準緩和認定申請を行うために、余計な手間と費用が必要となります。緩和車両を購入される場合は、車両の緩和申請に関する書類一式とセットで購入されることをお勧めします。

行政書士たかはま事務所では、あらゆる基準緩和認定申請に対応しています。個人売買で緩和車両を購入された方や、業者に依頼したが手に負えないと言われ、お困りの方は、是非、一度お電話ください。

トレーラ・トラクタ基準緩和認定申請01 トレーラ・トラクタ基準緩和認定申請02
先生写真

ご相談はこちらから

行政書士たかはま事務所

ご質問・ご相談など気軽にお問合せください。

先生写真
メールでのご相談はこちら 072-825-3844 受付 9:00-18:00 (定休:土日祝)
ページトップへ